News & Topics

ジャカルタで住友商事、東急不動産などが高層マンション開発

住友商事は東急不動産、インドネシアの不動産デベロッパー、ジャカルタ・セティアブディ・インターナショナル(JSI)などと共同で、ジャカルタ中心部から南西方向に約10キロメートルにある西ジャカルタ「プリボタニカルエリア」で大型分譲マンション2棟を開発する。

敷地面積約1万1400平方メートル、地上34階、地下3階で、総戸数約600。屋外プール、ジム、ラウンジ、カフェレストラン、コンビニエンスストアなどを併設する。2021年末竣工の予定。日本式の質の高い分譲マンションをインドネシアで供給し、現地富裕層などの需要を取り込む。建設予定地は外環状高速道路の出入口に面し、スカルノハッタ国際空港からも約14キロメートルという交通利便性の高さも特徴となっている。

■物件計画概要
名称            プリボタニカルプロジェクト
敷地面積           約11,400m2
総戸数            約600戸
建物計画           分譲マンション
マンション内の主な共用施設  屋外:屋外プール、ジム、ラウンジ  屋内:カフェレストラン、ミニマート
総合設計監修         株式会社東急設計コンサルタント
着工             2019年初旬(予定)
引渡             2021年末(予定)

ルート・アンド・パートナーズではインドネシアやアジア全般の富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくは<a href=”http://rpartners.jp/”>ルートアンドパートナーズ</a>へお問合せください。

Recent Entry

ページ上部へ戻る